磐田市に地域密着、骨折 脱臼 打撲 捻挫・肩 腰 膝などの痛みに対処する鍼灸接骨院

ゆうき鍼灸接骨院ゆうき鍼灸接骨院

  • 初診の方・施術の流れ
  • 施術の内容
  • 施術料金
  • 交通事故治療
  • 診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
    水曜日・土曜日(午後) 予約診療
    休診日 : 日曜・祝日

2016.10.27

急性の腰痛症(ぎっくり腰)にはご注意を

先日、急性の腰痛症、いわゆる「ぎっくり腰」になった方が来院されました。

痛みの原因は、祭典中に車が来たので近隣のお子さんを抱きかかえ移動させようとした際に「グキッ」となり、もうそこからは普通に歩けず前かがみのまま恐る恐る歩くしかなかったとの事です。

この時の状況をもう少し細かく聞いていくと、「ギックリ腰」になる患者さんに割と多くみられるある共通点が今回の患者様にも同様にみられました。それは、物を持ち上げる時、想像の中での重さと実際に持ち上げた時の誤差が大きいと痛めやすいという事です。

今回の患者様も急に車が来たので急いで抱き上げたのもそうですが、そのお子さんが見た目は軽そうだったので軽々持ち上がるだろうと思いながら抱き上げたら想像以上に重かったらしく、それで痛めてしまわれたとの事でした。(いつも抱きなれているご自身のお子さんであれば今回の痛みは発生しなかったんじゃないか…ともおっしゃられていました。)

皆さんにも想像して頂きたいのですが、これから何十㎏もの思い荷物を持ち上げようとした場合どうしますか?

通常であれば、元々腰痛持ちの方はコルセットや腰痛ベルトを巻くなどしてから膝を曲げしゃがみ込み少しでも持ちやすく力の入りやすい姿勢になってから「グッ」と持ち上げると思います。

上記の様な姿勢や対策をとる事で腰への負担はいくらか軽減します。ポイントとしては「膝を曲げる」事です。なぜ膝を曲げるかというと、膝を曲げる事により「腰が曲がりにくく」なります。

腰の安定性は筋肉や骨で保たれています。腰椎(腰の骨)同士が重なり合った所が関節となり関節が「カチッ」とはまり込み、安定性を強めているわけですが、特に腰が伸展位(腰が伸びた状態)にある方が安定性が強まります。ですので前かがみ姿勢や中腰のような姿勢は骨性の安定性が弱くなるので、そこで「グキッ」となってしまう事が多いのです。

今回の患者様も上記のように膝を曲げずに伸ばした状態で、尚且つ中腰の姿勢で持ち上げたため痛めたと予想されます。

もちろん痛めた原因で最終的な引き金になった動作がこの抱きかかえる時だったと思いますが、それよりも以前から腰への負担はかかっていたと思います。ですので、この様な状態になってしまわれた場合、早期には鍼(はり)治療が有効的で筋肉の過剰な筋緊張を和らげ炎症を抑えます。その後で痛みの根本となっている原因(骨盤や股関節・膝関節・足関節の固さや動きなど)を見つけそちらを改善する事により再発防止にもなります。

ぎっくり腰はたまたまなってしまうものではなく、ある意味必然的になるものだと思いますので、身体のメンテナンスをする事が大切です。とはいいつつも重いものを持たなければならないことは日常にたくさんあると思いますので、その際はしっかりと「膝を曲げ腰を落とした状態」で持ち上げる様にしてください。

急性の腰痛症(ギックリ腰)以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

腰痛・背中の痛み

                           料金表はこちら

 

カテゴリー: | Post : 2016.10.27 10:05

2016.10.22

ド・ケルバン(de-quervain)病(手の腱鞘炎)

先日、手の甲側の親指付近の痛みでご来院された患者様がいらっしゃいました。

親指付近の痛みは、手を酷使する職業(美容師等)や主婦の方に多くみられ、親指から手首に沿って痛みが発生し、一般的には腱鞘炎といわれていますがその中にド・ケルバン病またはド・ケルバン腱鞘炎というものがあります。

これは長拇指外転筋(APL)と短拇指伸筋(EPB)という2つの腱が擦れあって摩擦が生じ狭窄性の腱鞘炎をきたしている状態です。

(諸家の報告によればEPB腱の病変が主病変であるとされています。)

拇指(親指)を過剰に使うことにより炎症が起き、手関節(親指側)の腫れや熱感・圧痛がみられ、ひどい場合親指を少し動かしただけでも手首から親指に沿って激痛が走るほどの痛みが生じ、捻髪音(ねんぱつおん)や握雪音(あくせつおん)といい手首を動かす際に腱(スジ)がギシギシと音がする場合もあります。

誘発テストとしては、Eichhoff testやFinkelstein test・麻生テストなどが代表的で親指に力を入れたり、手首を小指側に動かした際に同腱が引き伸ばされて痛みが出れば陽性となり本疾患をより疑います。

整形外科的治療方法は、消炎鎮痛を目的にシップを貼付するか注射を打ち、保存療法にて症状の寛解がみられない難治例に関しては手術を選択される場合もあります。

当院では特殊電気治療(超音波・レーザー治療器)にて炎症を抑えその後血行を促進し、手技にて腱の滑走性や筋肉の動きを良くし、ストレッチ等を行います。

急性期の疼痛が強い場合はギプス・シーネを作成したり、テーピングやサポーターで固定する場合もあります。

鍼(はり)・灸(きゅう)治療は腱鞘炎には有効といわれており、効果が期待できますので症状を少しでも早く和らげたい・治したいとお考えの方には最適です。

手首周辺の痛み・腱鞘炎・ばね指以外にも肩こり・腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

x161022-123241_20161022_msk-ussb_0001

料金表はこちら

 

カテゴリー: | Post : 2016.10.22 13:07

2016.10.19

磐田南高校野球部トレーナー活動

本日、磐田南高の野球部のサポートに行ってきました。 選手達はテスト期間だったそうで練習時間が変則的なため私と時間が合わず3週間ぶりになってしまいました。 学生は部活に勉強にと大変ですね。文武両道とはこの事ですね。私とは無縁な言葉です… 本日は1年生大会があり、ケアが必要な選手だけ学校に残ってくれたのでじっくり治療ができました。 1年生はテスト明けすぐに試合というハードスケジュールで普段以上に身体の調整が難しかったでしょう。 徐々に症状が軽減してパフォーマンスが上がっている選手もいれば、新たに痛みが出ている選手もいました。 これからもケアする事により、少しでも選手達の身体の調子が良くなり、パフォーマンスが上がる様にお手伝いできれば嬉しいです。 IMG_1994

料金表はこちら

カテゴリー: | Post : 2016.10.19 21:05

2016.10.18

慢性的な肩こり・頭痛には鍼治療が有効です

昨日、背部(背中)の張り・凝り感を訴え来院された患者様がおられました。

日常的に肩こりや頭痛がありここ数日、特に症状が悪化したため当院へ受診下さったそうです。

自覚症状としては、背部の張り感が主訴で昨日までは頭痛もありましたが来院当日は頭痛は治まっておりましたが、触診していくと肩部~頚~項(うなじ)~後頭部の方まで筋緊張が強く『ガチガチ』でした。

座った時の姿勢も猫背気味で典型的な肩こりになり易い身体をしており、そこからも症状を悪化させている様子でした。

当院ではまず問診・視診・触診等を行い、各種理学検査・エコーにて所見をとり評価をします。ただの「肩こり」と決めつけ必要な検査を怠る事で患者様の身体の隠れた病変を見落としてしまう可能性があるからです。

肩こりが姿勢からきているのか、頚椎(首の骨)からきているのか等同じような症状でも原因が全て同じではないのです。

この患者様は、頚椎の圧迫検査(Jackson test・spurling test)や手の握力・巧緻動作障害・腕~手指にかけての感覚異常等はほとんど見られず、エコー(超音波観察装置)画像上でも大きな損傷を疑わせる様な所見はみられなかったため頚椎椎間板ヘルニアや胸郭出口症候群、頚椎症性神経根症等の可能性は現時点では少ないと判断致しました(当然、今後症状を放置した場合その様な疾患を医師により診断されるような状態になる可能性はありますが…)

以上の事を評価した上で治療に移ります。

姿勢を整体にて矯正する必要もありましたが、まず主訴である背中の張り・凝りをとるべく鍼治療をさせて頂きました。

この患者様は鍼治療の経験が無かったため、刺す深さ・刺激量を調整し受けて頂きました。治療後に思ったより鍼を刺される時の痛みを感じなかったと言って下さりこちらも安心しました。

日常的な肩こりや腰痛・頭痛に悩まされている方は、そのまま放置せず早い段階で治療する事をおすすめ致します。

当院では、慢性的な肩こり・腰痛の他にもスポーツ障害・交通事故後の痛み(むち打ち損傷)・自律神経系の症状等でも治療できますので安心してお気軽にご相談下さい。

img_2107

料金表はこちら

 

カテゴリー: | Post : 2016.10.18 16:46

2016.10.13

むくみ・冷え症にはお灸が効果的

近頃、朝晩の寒さが出てきて、日中との寒暖の差が大きく感じる様になってきました。

真冬は当然ですが、この時期は寒暖の差が激しく季節の変わり目という事もあり体温調節機能など、身体も通常以上に働くため、免疫が下がり疲れがちで風邪を引きやすいです。

そんな寒くなってきたこの時期に効果的な治療方法は 『お灸(おきゅう)治療』です。

鍼灸治療は慢性の腰痛・肩こり・張り等の痛みをとるだけでなく、免疫を上げる事や自律神経系の症状を和らげたりと様々な症状・分野で力を発揮し今後、益々活躍が期待されているものだと言われています。

最近では、内臓の手術でリンパ節を切除し下肢のむくみで何年も辛く悩まされていた患者様が「お灸」治療をする事で症状が徐々に和らいできたとおっしゃっている方もおられます。

昔のお灸と違い、基本的に火傷(やけど)するほどの熱さではないため初めての患者様も安心してお受け頂けます。

下肢のむくみや冷え、その他の症状でお悩みの方は当院にお気軽にご相談下さい。

 

納品データ(全体)

料金表はこちら

カテゴリー: | Post : 2016.10.13 16:11

〒438-0838 静岡県磐田市小立野3-1
TEL 0538-33-6677

診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
水曜日・土曜日(午後) 予約診療
定診日 : 日曜・祝日

交通事故後の治療による通院の場合、診療時間外での受付も可能ですのでお時間等、ご相談ください。

診療時間
8:30〜12:30 ×
15:30〜19:30 ×

△ 9:00〜13:00  予約診療

Copyright (c) 2016 ゆうき鍼灸接骨院. All Rights Reserved.