磐田市に地域密着、骨折 脱臼 打撲 捻挫・肩 腰 膝などの痛みに対処する鍼灸接骨院

ゆうき鍼灸接骨院ゆうき鍼灸接骨院

  • 初診の方・施術の流れ
  • 施術の内容
  • 施術料金
  • 交通事故治療
  • 診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
    水曜日・土曜日(午後) 予約診療
    休診日 : 日曜・祝日

2016.10.31

膝の半月板損傷(meniscus-injury)

スポーツ選手や学生に多くみられる膝の半月板損傷(断裂・部分断裂)についてご説明させて頂きます。

まず膝の半月板は内側・外側の二つのに分かれていて、C字型をしており外側に比べ内側の方が大きく膝の中心にいくにつれて薄くなる構造になっております。

半月板の機能として重要なのは、衝撃緩衝機能といい歩行時や立ち上がりといった膝に負担がかかる際に膝関節の軟骨や骨にかかる衝撃・ストレスを和らげる働きをします(膝のクッション材の様なものです)

この機能があるために膝の軟骨等が守られ関節の変形を遅らせる事ができるのです。他にも荷重分散・潤滑作用・深部感覚受容器などがあります。

半月板への血液供給は関節の外側からの供給が多いため外側1/3(6㎜)は血行が多いためRed-Zoneといわれ中間1/3は血行があるが少ないためRed-White-Zone、内側1/3は血行がないためWhite-White-Zoneと言われております(個人差はありますが…)

ですので外側部であれば自然治癒も期待できますが中・内側での損傷は自然治癒の期待が減り、手術をすることもあります。

エコー(超音波観察装置)でも半月板の抽出はできますが、外側1/3(6㎜)程度が限界ですのでそれ以上の損傷が疑われる場合はMRI撮影し最終的には内視鏡にて診断して頂く必要があります。

半月板の損傷が起こると疼痛が主訴で圧痛は損傷半月片の脛骨辺縁部付近に認め、他にも異常音や引っかかり感、方向転換時の膝くずれ現象(膝がガクンッとなり力が抜ける)などを訴える方もいらっしゃいます。

損傷の度合いにもよりますが断裂した組織から出血し膝がパンパンに腫れます。

日常生活では、急性期の場合は痛みが強く自力では全く膝を曲げられない方もいらっしゃいますが、慢性期ではある一定の角度で膝を捻ると「引っかかる・外れる」などと訴える方もいらっしゃいます。この慢性期になると膝の症状が気になりうまく使えず筋委縮といい、大腿部(もも)の筋肉が痩せてきたり半月板が「ガクッ」と外れた場合、ご自分で戻し方まで分かっている方もいらっしゃいます。

徒手検査としては、McMurrayやApley commp・Steinmann first test・Watson-Jhones testが有用です(内容としては膝の関節部分で半月板を挟み込みクリック音や痛みが出るか確認するテストです)

実際に損傷してしまった場合は、状態にもよりますが痛みが強ければシーネ固定をし松葉杖歩行とする症例もありますが必ず固定しなければならないわけではないので不必要に固定をする事もありませんが初期の治療がその後を左右する事が多いためしっかりと治療をすることをおすすめ致します。上記でもお伝えしていますが、断裂・損傷が外側部分までで治まっている症例は自然治癒が期待できるため保存療法(手術しないで治療)にて治療します。急性の痛みや腫れが治まってきたら関節裂隙部(関節の隙間で半月板があるところ)にレーザー治療にて修復を早めます。(鍼(はり)灸(きゅう)治療も有効で治療期間の短縮になります)損傷が深部までに及ぶ場合やロッキングが強く膝が動かせない場合は手術適用となる可能性もありますので専門医にご紹介させて頂きます。

また膝関節への負担を和らげるために足関節の可動性や歩行訓練も大切です。

半月板損傷を放置すると将来、変形性膝関節症に移行しやすくなるためきちんと治療しましょう。

半月板損傷以外でも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

x161029-125802_20161029_msk-ussb_0001

                      料金表はこちら

 

 

 

カテゴリー: | Post : 2016.10.31 09:33

2016.10.29

アキレス腱付着部炎(Achilles-enthesitis)について

昨日、小学4年生の男児が踵付近の痛みを訴え来院されました。

お話を聞いていくと前日、テニスの練習中、強く足を踏み込んだ際に痛くなりそこから歩くと痛く安静時痛(じっとしていても痛む)もあるとの事でした。

小学校高学年頃から中学生前後で踵の痛みがある場合、まず最初に思い浮かぶ疾患はセーバー病ですが圧痛部位からすると少し違うように感じました

アキレス腱実質部やアキレス腱周囲部を押さえても痛みがなく、アキレス腱と踵の骨の間(アキレス腱付着部)に圧痛がみられたためエコー(超音波観察装置)にて観察したところ付着部に明らかな炎症反応がみられたためアキレス腱付着部炎と判断致しました。

踵といっても細かく診ていくとそれぞれ痛い部位が微妙に違いますので、損傷部位が違えばそれによりアプローチ方法も変わってきます。

今回の患者様は、アキレス腱からふくらはぎ、大腿部と筋肉が硬く筋の柔軟性が低下しておりここの所運動量が多く、痛みやすい状況になっていたと考えられますので炎症症状が治まり次第、ストレッチや弱くなっている筋肉をトレーニングし再発予防に努めたいと思います。

当院では、アキレス腱付着部炎の場合、炎症を抑えるために超音波で治療し、テーピングや足底板などでアキレス腱にかかる負荷を減らし痛みを軽減させます。場合によっては一 定の期間、スポーツ活動を中止せざるおえない事もありますが基本的にはスポーツをしながら治療をしていただけるケガです。

アキレス腱付着部炎以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

92_20161028_msk-ussb_0006

92_20161028_msk-ussb_0004

                      料金表はこちら

カテゴリー: | Post : 2016.10.29 12:16

2016.10.28

磐南 野球部トレーナー活動

今週も磐南 野球部へサポートに行ってきました。

今週末に大会があるため、より気合が入っている様子でしたのでケア・メンテナンスが必要な選手が多かったですが大きなケガ人もなく、選手一人一人が万全な状態で大会当日を迎えれるようにお手伝いさせて頂きました。

投手陣はどうしても肩・肘の張り・違和感・痛みなどを訴える事が多いので、肩関節や肘関節だけに目がいきがちですが、その肩の痛む原因が股関節等下肢の固さや動きの悪さが影響している事も少なくありません。

基本的にはまず患者さんや選手が一番に訴えている部位を評価・治療する事を優先的に行いますが、その後痛みが軽減された後は、投球動作や普段の姿勢等を評価しそこから痛みの原因をみつけ、局所的・総合的(全身的)という2つの観点から治療する事が望ましいと思います。

スポーツ障害・外傷だけでなく肩こり・腰痛・膝の痛み・・ケガ(骨折・捻挫等)・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

毎週サポートさせて頂いておりますが、高校生という若さと高校球児らしい気持の良い挨拶や笑顔をみると私の方が心のケアをされているように感じます。

トレーナー活動を終えた後の帰りの車内では、疲労感はなく知らぬ間に心がウキウキ楽しい気分に毎回なっています。

今週末は、常葉菊川との試合です。勝ってくれると信じ結果を待ちます。みんな頑張って。

img_2140

                              料金表はこちら

 

カテゴリー: | Post : 2016.10.28 08:21

2016.10.15

足関節捻挫 三角靭帯損傷(ankle-sprain-deltoid-lig-inj)

先日、サッカー中に足を捻挫された方が来院されました。

発生機序としては、左足でボールを蹴ろうと右足で踏み込んだ際にその軸足となる右足首を捻ったとの事でした。

一般的に足首の捻挫の場合、内返し捻挫(足裏が内側を向く方向)が圧倒的に多く骨折や靭帯断裂・損傷が外果部(外くるぶし)に発生します。

しかし今回の患者様は左足でボールを蹴る際に軸足となる右足を捻ったとの事から内返し捻挫は起こりにくい事がお分かりでしょうか?

問診の際に、お聞きしたところ内果(内くるぶし)側に痛みがあり外側(外くるぶし)側は痛みも腫れもないため、やはり今回は外返し捻挫(足裏が外を向く方向)と推測されます。

外返し捻挫の場合、内果(内くるぶし)の真下に三角靭帯という靭帯がありその靭帯を痛める事が多いです。

三角靭帯は外くるぶし側の外側靭帯よりもはるかに強靭で子供の場合、三角靭帯が断裂するほどのストレスが加わった場合骨が先に剥離(はくり)骨折をしてしまうと言われるほど強固な靭帯です。(大人の場合は骨も強くなっているため靭帯が損傷されるケースもありますが…)

今回の患者様は10日前後経ってから来院され、内側の靭帯部に圧痛があるものの損傷度合いも1度強、程でしたので大きな固定はせずテーピング固定をし患部に超音波治療・レーザー治療にて修復促進をはかりました。(ケガをして直ぐであれば最低でも1週間は固定して頂く事が望ましいところですが)

捻挫や骨折の場合、重症度により数週間の誤差はありますが固定をしその後、関節可動域訓練・筋力訓練・バランス訓練をする事により再発予防にもなりますので特に捻挫の場合、軽視してそのままにしておくと「クセ」になることがありますので注意が必要です。

当院では、超音波観察装置にて骨軟骨や靭帯等、軟部組織の損傷度合いを評価してから治療に入りますのでもし骨折が疑われる場合は一度、医療機関でレントゲン検査をお受け頂く様お伝えもできますので安心して受診頂けると思います。

捻挫や骨折以外でも痛みでお困りの際はお気軽にご相談ください。

150_20161014_msk-ussb_0004

料金表はこちら

カテゴリー: | Post : 2016.10.15 20:23

2016.09.15

磐田南高校トレーナー活動

今週の活動報告をさせて頂きます。

今回は新たに坐骨結節部の痛みが主訴の選手をケアさせていただきました。

坐骨というのは文字通り「座る」ときに床にあたる骨で、大腿部で有名なハムストリングスという筋肉が付着している場所が坐骨結節といいます。

この部位は剥離(はくり)骨折を起こしやすく、代表的な例でいうとハードルを跳び越えるのに足を高く上げた時、筋肉の収縮力により腱が牽引されて骨が引き剥がされます。

症状としては歩行時痛・骨折部の圧痛(押した時に痛む)・ハムストリングスに強い抵抗をかけると骨折部が響くように痛い等です。そのほかにも受傷時に「ボキンッ」と音がした等と訴える事もあります。

今回は痛めた理由がセルフストレッチをしている際に痛めた という事でしたので骨折するほどの力が加わったようには考えにくいため付着部炎ふちゃくぶえん)と判断して治療させて頂きました。

しかし坐骨結節部(骨)にも圧痛がみられたため要経過観察として痛みが続く様であればエコーで評価し骨折の疑いがあれば一度レントゲン検査を受ける様お伝えしました。

私達、人間の身体には「絶対」はありません。

それでも診させて頂く以上、少しでも精度の高い評価・判断する事が大切ですのでその事を肝に銘じて日々の業務に臨んでいます。

他にも肘の痛み・腰の痛み・張りが強い選手等もいたので私の治療で少しでも選手たちが良いパフォーマンスを出せる様に頑張ります。

img_2060

料金表はこちら

 

 

カテゴリー: | Post : 2016.09.15 20:53

〒438-0838 静岡県磐田市小立野3-1
TEL 0538-33-6677

診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
水曜日・土曜日(午後) 予約診療
定診日 : 日曜・祝日

交通事故後の治療による通院の場合、診療時間外での受付も可能ですのでお時間等、ご相談ください。

診療時間
8:30〜12:30 ×
15:30〜19:30 ×

△ 9:00〜13:00  予約診療

Copyright (c) 2016 ゆうき鍼灸接骨院. All Rights Reserved.