磐田市に地域密着、骨折 脱臼 打撲 捻挫・肩 腰 膝などの痛みに対処する鍼灸接骨院

ゆうき鍼灸接骨院ゆうき鍼灸接骨院

  • 初診の方・施術の流れ
  • 施術の内容
  • 施術料金
  • 交通事故治療
  • 診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
    水曜日・土曜日(午後) 予約診療
    休診日 : 日曜・祝日

2016.11.17

野球肘(後方型)について

以前、野球肘(外側型内側型)についてご説明させて頂きましたので、今回は「後方型」について載せさせて頂きます。

肘関節の後方部分は上腕三頭筋という筋肉が尺骨という骨の肘頭という部分に付着しており、肘を伸ばす動作はこの上腕三頭筋という筋肉が収縮(力が入り縮まる)する事により可能となります。投球動作phaseでいえば加速期・フォロースルー期に痛む場合は、この後方型の可能性が高まりますので見落としをしないように必ずどの動作で痛むかなどを聴取します。

野球肘の後方型に起こる症状としては、上腕三頭筋の損傷・上腕三頭筋腱付着部炎・骨端線離解・肘頭剥離骨折・肘頭疲労骨折・肘頭障害等がみられます。

三頭筋損傷や三頭筋腱炎・付着部炎は上腕三頭筋を使いすぎる事で柔軟性や弾力性が低下した状態で練習を続けていると筋肉や腱を傷めてしまう事で起こり、投球動作で三頭筋の収縮が何度も繰り返されると牽引力が働き、肘頭部に骨折線が入り剥離骨折や疲労骨折を起こす場合もあります。                                  年齢によっては骨の成長がまだ未熟で軟骨の部分が損傷される骨端線損傷やその骨端線部が離れてしまう骨端線離解を起こすケースもあります。

リリース後に肘が伸びた時に、肘頭と肘頭窩という骨と骨がぶつかる衝撃が何度も繰り返されると骨に骨棘(こつきょく)といい棘(トゲ)が出来てしまう事もあります。

どの症状にしても常に肘がしっかりと曲げられるか・最後まで伸ばしきれるかをチェックする必要があり、現時点で可動域制限(曲げれない・伸ばせない)があれば一度、当院へ受診下さい。他の野球肘もそうですが、放置しておくと症状が悪化し、最悪何カ月もスポーツを中止しなければいけなくなる事もあります。

当然ですが、肘の痛みは肘を治療させて頂きますがそのほとんどが肘のみが原因という事ではなく全身の関節や筋肉の硬さ・可動性の低下などが影響している事が多いため、全身の状態を評価し改善していく事で肘の痛みが軽減される事もあります。

x161117-104921_20161117_msk-ussb_0002 x161117-104921_20161117_msk-ussb_0003 x161117-104921_20161117_msk-ussb_0005

料金表はこちら

 

カテゴリー: | Post : 2016.11.17 17:00

2016.11.16

膝のMCL損傷(内側側副靭帯損傷)について

今回は、転倒やスポーツ中に傷めやすく日常的に遭遇する事が多い疾患で膝の内側側副靭帯損傷(MCL損傷)についてご説明させて頂きます。

膝関節は、上部が大腿骨・下部が脛骨・前部が膝蓋骨という3つの骨で構成されており大腿骨と脛骨を固定する目的で4本の靭帯が付着しており、 それぞれを内側側副靭帯・外側側副靭帯・前十字靭帯・後十字靭帯と呼びます。大まかには同じ靭帯ですので関節の動きを制動するという点は同じですが細かくいうとそれぞれが重要な働き・機能を有しています。

内側側副靭帯は、浅層と深層の二層構造をしており膝の内側の安定性に大きく関係しています。ですので転倒やスポーツ中に膝が外反強制(膝が内側にくの字に曲がる状態)された際に、内側に付着している靭帯(ベルトの様な役目)が外力に負けてダメージを受ける事を損傷といい、完全断裂や部分断裂ともいいます。

臨床症状としては、患部の圧痛・損傷度合いにもよりますが膝の内側部に皮下出血(内出血)・腫脹・関節を動かした時に痛む・歩行時痛・関節水腫等がみられ、評価基準は、外観上の評価以外にも徒手検査(外反ストレス検査等)・エコー(超音波観察装置)で損傷度合いを判断します.

外反ストレステスト(valgus stress test)には基準があり、

gradeⅠ 伸展位・30°屈曲位ともに不安定性ないがMCL付着部に圧痛(+)

gradeⅡ 伸展位ではないが30°屈曲位にて内側の不安定性がみられ圧痛(+or++)

gradeⅢ 伸展位で不安定性が生じ、屈曲位では更に不安定性が強まる

の3つに分けられます(この基準に当てはまらない症例もありますが大まかな損傷の程度を把握するために必ずチェックします)

上記の基準の様に靭帯の断裂が広範囲の場合、膝の内側の不安定性がみられ膝が「グラグラ」する方もいらっしゃいますが軽度であれば見落としてしまう可能性もあるので受傷機転をしっかりと聴取することも大切です。

MCL損傷は単独損傷と複合損傷とに分けられますが、単独損傷の場合(他の靭帯や半月板等周囲の組織の損傷がなくMCLのみの損傷の事)、一般的には保存療法(手術しないで治す)が選択され予後も比較的良いとされていますが、膝の伸展位(伸ばした状態)で不安定性がみられる場合には手術適応とされる事があります。複合損傷で多いのが、ACL(前十字靭帯)やMM(内側半月板)の損傷です。ACLは完全な関節内靭帯のため、自然修復は期待できず関節の安定性にとって特に重要とされているので手術適応となります。

MCL損傷で保存治療を選択した場合は、程度にもよりますが膝部にギプスやシーネで数週間固定をして患部の安静・治癒促進を図ると共に許容範囲内での関節可動域訓練・干渉波や特殊電気治療・鍼灸治療をする事で膝の関節拘縮を生じさせず、治療期間の短縮になりその後、患部の圧痛がなくなり不安定性が消失し膝の可動域にも制限がなければ終了となります。

適切な時期に固定等治療をしなかった例や放置した場合は不安定性が残る場合や関節拘縮が起きてしまう場合もありますので、その後のスポーツ活動が制限されたり、変形性膝関節症へ移行する場合もありますので軽視せず当院へ受診下さい。

x161116-081350_20161116_msk-ussb_0003

 

 

MCL損傷以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

料金について

カテゴリー: | Post : 2016.11.16 10:37

2016.11.10

トレーナー活動 磐南 野球部

昨日もトレーナー活動として磐田南高校へ行ってきました。

昨日は風が強くかなり寒かったですが、選手たちは寒いと言いながらも練習に励んでいました。

今回初めて診させて頂いた中で、臀部(お尻のほっぺた)の痛みを訴える選手がいました。骨盤付近ですので剥離(はくり)骨折も念頭に置かなければならないのですが所見としても可能性が低い事と、数日前に整形外科にてレントゲン検査をし骨には異常がないとの説明を受けたそうなのでそこは除外できました。

骨盤に付いている筋肉はそこから足の方へ向かう筋肉と、腰の方へ向かう筋肉があります。今回の選手の場合は各動作時痛や徒手検査をし、足の方へ付く筋肉の部分損傷と判断致しました。

骨盤周囲の骨は特に成長期の選手で野球や陸上・サッカー等様々な競技の場で剥離骨折を起こしうる部位ですので注意が必要です。         この選手も今回は大丈夫でしたが下肢の張り感や疲労が蓄積し、筋肉の柔軟性が低下し筋の質が落ちた状態で運動を続けていると最終的に「バキッ」と剥離骨折を起こしてしまう可能性があるため日ごろからのケアが重要ということをお伝えさせて頂きました。

筋肉の損傷(肉ばなれ)は初期の段階ではRICE処置をしその後、損傷度合いにもよりますが徐々にストレッチを開始し筋の柔軟性を上げていく事で再発も防げます。スポーツ以外でも身体のどこかに力を入れた際に痛みが生じる場合は、筋肉が損傷(ダメージ)している可能性が考えられますのでエコー(超音波観察装置)で確認する必要があります。そのまま放置し痛みがひどくなったり悪化する場合もあるのでお早めに当院へご相談下さい。

その他にも、肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

また来週も張り切って、楽しんでサポートに行きたいと思います。

img_2171

料金表はこちら

 

カテゴリー: | Post : 2016.11.10 12:21

2016.11.08

上腕二頭筋長頭腱炎(Biceps long head of tendinitis)

野球やバレーボールなどオーバーヘッドスポーツでみられるスポーツ障害の中に「上腕二頭筋長頭腱炎」というものがあります。

上腕二頭筋という名称を耳にしたことがある方もいらっしゃるとは思いますが、腕の「力こぶ」の筋肉がそれにあたります。その上腕二頭筋の2本あるうちの1本が肩の上方に近づくにつれて細い腱となり結節間溝(けっせつかんこう)という骨の溝を通り、肩の関節内に侵入していきます。この腱を長頭腱といい、この腱が炎症を起こした場合「上腕二頭筋長頭腱炎」と診断されます。

原因としては、スポーツや仕事等で肩をよく動かす人にみられ一般的には使いすぎによるものと考えられています。

身体のいたる部位にある腱は筋肉と違い「収縮」といって伸び縮みするのではなく「滑走」といい骨の上で滑る(スライド)様な動きをしますので、肩・腕の使いすぎで腱が摩擦により炎症を起こせば「腱炎」となり腱が切れれば「断裂」となります。

(実際には腱は固定されたままで上腕骨が動くので相対的に腱が動きます・肩・肘の動く方向により腱への負担が異なります)

(ちなみに断裂は大きく2つのタイプに分かれ、一度の強い力で断裂する場合と徐々に摩耗され線維が傷み最終的に断裂してしまう場合があります。前者は若年層に多く、後者は高齢者に多いのが特徴的です)

長頭腱の走行は、上腕骨の上方で90°近く急激に角度が変わるためその構造的特徴から機械的刺激を受けやすく炎症やダメージを起こしやすく傷めやすいといわれています。

症状としては、肩関節前面の運動時痛(動かした時の痛み)が主で炎症が強い場合は腕の下の方まで痛みが放散し、結節間溝部や長頭腱に沿った圧痛(押されての痛み)特徴的です。

Yeargason testやSpeed testという徒手検査があり、この長頭腱にストレスをかけ痛みが誘発されれば陽性となり、より本症を疑います。

治療方法としては、腱の炎症を超音波治療器や鍼(はり)治療で鎮静化させその後、レーザー治療器やお灸(おきゅう)治療にて局所の循環を良くし傷んだ組織を修復させ、周囲の筋肉の緊張を和らげ、胸椎や肩甲骨など胸郭全体の動きをつけ、長頭腱にかかる負担を軽減させます。その他、テーピングや置き鍼も効果的ですので症状に合わせてご提供させて頂きます。

当院ではエコー(超音波観察装置)で長頭腱の摩耗度合・炎症度合いをチェックし状態を視覚的にも確認してから治療・施術させて頂きますのでご安心してお受け頂けます。

スポーツ選手の肩の痛み・上肢拳上位での作業が強いられ、肩に痛みがある方はお気軽に当院へご相談ください。

上腕二頭筋長頭腱以外でも、肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

x161107-190731_20161107_msk-ussb_0001

x161107-190731_20161107_msk-ussb_0002

                       

 

                       料金表はこちらを

 

 

カテゴリー: | Post : 2016.11.08 16:33

2016.11.02

野球肘(内側型)baseball elbow

野球肘は大きく分けて3つ存在しその中でも多くみられるのがこの内側型です。

内側型の場合、投球時のレイトコッキング期(late cocking phase)から加速期(acceleration phase)の辺りで傷めやすいといわれており、特に肩が最大外旋位となり肘の内側部分に大きな外反力(肘の内側が外側方向に引っ張られる力)が加わり肘の内側に痛みが発生します。その外反力に拮抗する組織がMCL(内側側副靭帯)や前腕屈筋群です。(腕がしなる際に傷めてしまう)

ですので、肘を外側に引っ張る外力とそれを阻止する働きの組織(筋肉や靭帯)で力比べをして、組織が負ければケガになります。

靭帯が切れれば靭帯断裂、骨が剥がれれば剥離骨折・筋肉や腱が痛めば筋損傷・腱損傷というわけです。一度の外力で起こる場合もあれば繰り返し使うことにより伸長され、徐々に微小断裂を起こし痛みが発生する場合もあります。

(ちなみに少年野球では外側型(離断性骨軟骨炎)が比較的多く、競技年齢が上がるにつれて内側型の割合が増えてきます)

症状としては、一回の外力で起こるような剥離骨折や靭帯断裂であれば激痛と皮下出血がみられ、腫れが出現し日常生活も困難となりますが、一度では損傷しない程度の外力では日常生活では支障ないが投球時や投球後に痛みを訴え、慢性的に痛みが続くと徐々に関節が固くなり「肘が最後まで伸ばせない・曲げれない」状態になってしまう事もありますので肘が伸びない・曲げられない状態にある方は要注意です。

また肘の内側には神経も走行しているため隣接組織の損傷により尺骨神経領域(薬指・小指)にシビレがでることもあり注意が必要です。

所見としては、圧痛部位(押されて痛む場所)によりどこの組織が損傷されているかを推測し、徒手検査で靭帯にストレスを加え、痛みが出現するか・肘の関節は緩くないか、筋の抵抗運動で痛みがでるのか等をチェックします。

投球時、に「手投げ」や「肘が下がっている」と指摘される方は野球肘になり易い・または現在なっている事が予想されます。(肩関節や下肢の影響もありますが今回は肘についてのみの話です)

初期の頃は、投球後に「前腕(うで)の筋肉が張ってくる」等と訴え始めそのまま治療せず放置しておくと肘の障害が出現することが多いので張りがあれば、なるべく早く当院へ受診下さい。

当院では徒手検査だけでなくエコー(超音波観察装置)にて画像的にも骨折や靭帯断裂の疑いがないかをチェックします(骨折や軟骨の損傷が疑われる場合は一度、専門医をご紹介させて頂きますのでご安心下さい)

損傷状況や度合いに応じて必要であれば固定をさせて頂く事もありますが、よほどの場合を除いては固定せずテーピングや特殊電気治療・鍼(はり)灸(きゅう)治療等をしながらスポーツを続けられますので、ストップをかけられたくないから受診したくない等とお思いの選手も安心して受診下さい。

野球肘は内側型以外も含めて、発症してからでは遅く定期的なケアとエコーにより早期発見が大切ですので気になる方はお早めに当院へ受診下さい。

当院では、野球肘以外の肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

x161102-115756_20161102_msk-ussb_0002

                     料金表はこちら

カテゴリー: | Post : 2016.11.02 14:38

〒438-0838 静岡県磐田市小立野3-1
TEL 0538-33-6677

診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
水曜日・土曜日(午後) 予約診療
定診日 : 日曜・祝日

交通事故後の治療による通院の場合、診療時間外での受付も可能ですのでお時間等、ご相談ください。

診療時間
8:30〜12:30 ×
15:30〜19:30 ×

△ 9:00〜13:00  予約診療

Copyright (c) 2016 ゆうき鍼灸接骨院. All Rights Reserved.