磐田市に地域密着、骨折 脱臼 打撲 捻挫・肩 腰 膝などの痛みに対処する鍼灸接骨院

ゆうき鍼灸接骨院ゆうき鍼灸接骨院

  • 初診の方・施術の流れ
  • 施術の内容
  • 施術料金
  • 交通事故治療
  • 診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
    水曜日・土曜日(午後) 予約診療
    休診日 : 日曜・祝日

2016.12.03

上腕二頭筋長頭腱断裂(LHB rupture)

以前、上腕二頭筋長頭腱炎について(詳しくはこちらをクリック)書かせて頂きましたが、上腕二頭筋長頭腱が断裂(だんれつ)してしまった患者様が来院されましたのでこちらのケガについてご説明させて頂きます。

その女性の患者様は元々当院にて治療をさせて頂いておりました。以前からいわゆるママさんバレーを長くつづけられていて(しかも強豪チーム)部活をやっている学生顔負けなくらいに意識が高くとても遊びとは言えないくらいの競技レベルという印象でした。                            数年前にMRIを撮り、肩のインナーマッスルである腱板(けんばん)といわれる筋肉を断裂していると整形外科で診断され、その後他の医療機関等でも治療をしておりましたが症状が改善されなかったため当院に受診されました。

肩の関節の安定性に関与する筋肉は腱板(棘上筋・棘下筋・小円筋・肩甲下筋)が主ですが上腕二頭筋長頭腱(以下LHB)も同じ役割を担っています。ですのでこの患者様の場合は腱板が断裂し機能が低下しているためよりLHBにかかる負担は大きかったと思います。                        今回の受傷機転はバレーの試合中、ボールを思い切りアタックした際に肩周辺部に「ズキッ」と痛みが走りその後はプレーできず、試合はもちろん帰りの運転さえできずに帰られたそうです。(この一度のアタックで痛くなったという事は重要なポイントです)

その後皮下出血(内出血)が広範囲にみられたため医療機関に受診して頂きドクターに「断裂」と診断をされたそうです。

 

img_2246

手術はすすめられなかったこともあり保存的治療(手術しないこと)を希望されておりますので、断裂してしまった筋肉以外でカバーするかたちになりますが、腱板断裂もしていてLHBの断裂も加わりより難易度の高い症例だと思います。

今はまだ炎症症状が強く痛みも強いため超音波等で鎮静化させ、積極的な運動やエクササイズは控えて安静にして頂き、徐々にスポーツ復帰に向けて残存する筋肉を強化し、周囲の関節の可動性をつけ少しでも肩周辺に加わるストレスを軽減させることが大切です。

治療や評価方法等は次回ご説明させて頂きます。

エコー上でもしっかりと断裂像が確認できました

%e6%82%a3%e5%81%b4%e7%9f%ad%e8%bb%b8%e4%b8%8a%e9%83%a8

 

☆☆☆皮下出血・エコー画像を詳しくみたい方はこちらをクリック☆☆☆

 

 

 

上腕二頭筋長頭腱断裂以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

料金について

 

 

 

カテゴリー: | Post : 2016.12.03 11:15

2016.12.03

上腕二頭筋長頭腱断裂の外観・エコー画像



















カテゴリー: | Post : 2016.12.03 11:14

2016.11.22

突き指による痛み(Jammed finger)

昨日、小学生の男児が突き指をしたため来院されました。

手の突き指というとmallet finger(マレットフィンガーについてはこちらをクリック)等で起こる剥離骨折や腱の断裂・各関節での脱臼・掌側板損傷(しょうそくばんそんしょうについてはこちらをクリック)・靭帯損傷または断裂等が思い浮かびます。
(この「パッ」と思い浮かぶ疾患の数が多ければ多いほどより正確な評価ができます。仮に突き指と聞き、思い浮かぶ疾患が一つしかなければそれしか考えられないため間違った判断をしてしまう・見落としてしまう可能性が高くなります。ですので豊富な知識が必要となります)

□まずは受傷機転から考えます

今回の患者様は、バランスボール(大きなボールで人が上に乗っても破裂せず硬くはないが皮が厚いボール)にて友人たちとドッジボール中、キャッチミスをして指が「グキッ」となったとの事でした。指が伸ばされたのか曲げられたのかは不明

(バランスボールでドッジボールという発想、さすが小学生ですね…(^_^.))

(この受傷機転で上記の考えられる疾患の中で除外されるものはありません)

□次に視診、外観上から考えます

 

見た目で分かる事は患部:右手第二指PIP関節(いわゆる指の第二関節)部に若干の皮下出血(内出血)がみられ、指を曲げたり伸ばしたりすると痛む

視診からDIP関節(指先の関節)のドロップ(落ち込み)がないためマレットフィンガーは除外され、痛みはあるが曲げ伸ばしでき関節付近で骨が突出はしていないので脱臼は除外され、皮下出血がみられる部位、範囲から掌側板損傷か中節骨(ちゅうせつこつ)の剥離骨折をより疑います
(皮下出血の量・範囲からして大きな骨折は考えにくくなります)

□次は触診に移ります

押されて痛むのは先ほどと同様のPIP関節部掌側(手のひら側)で、過伸展(指を伸ばす方向にストレスをかける)させると痛むが動揺性はありません。両側面部や背側(手の甲側)は押しても痛くなくストレスをかけてもさほど痛みが誘発されず関節の緩さ・動揺性もありませんので、背側の腱・側面の側副靭帯の断裂や損傷は考えにくく、視診の際と同じく掌側板損傷や掌側の中節骨部の剥離骨折がより疑われます。

□最後にエコー(超音波観察装置)にてチェックします。

疑われていた剥離骨折の様な所見は見られず、掌側板の損傷もありませんでしたが健側(痛くない方の手指)に比べ関節付近の腫れがあり低エコー(炎症症状でみられる)像があったため関節部の炎症と判断致しました。

今回の場合は、指サック状の取り外しが可能なテーピング固定をして頂き、超音波にて炎症を抑え組織の修復・回復を促します。
(掌側板損傷や骨折の場合はプライトンやアルフェンスシーネという固定具で固定する必要があります)

このように突き指といっても最低、これぐらいのケガの種類が考えられますので細かく観察し見落としが無いように慎重に診させて頂きます。

直接、命には関わる事ではありませんが骨折を見落とす事や不必要な固定・長期的な固定等をするという事は患者様のその後の人生に大きく影響してしまう場合もありますので診させて頂くという事は簡単な事ではなく責任をもって診させて頂きます。

(もちろん100%完璧。なんて人はいませんがそれに限りなく近づける様に日ごろから知識や技術の向上を目標に励んでいきたいと思います)

手の突き指以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。

料金について

カテゴリー: | Post : 2016.11.22 16:44

2016.11.21

シンスプリントの治療について

先日、シンスプリント(詳しくはこちらをクリック)についてご説明させて頂きましたが今回はその治療法などをお伝えさせて頂きます。

まず原因と考えられる筋肉(下腿三頭筋・後脛骨筋・長母趾屈筋・長趾屈筋)の付着部で炎症を起こし、柔軟性が低下している事が考えられますのでその炎症をアイシングや超音波にて鎮静化させ、レーザー治療や鍼(はり)・灸(きゅう)治療・手技・ストレッチ等で筋の弾力性・柔軟性を向上させる事が大切です。ストレッチは各筋肉それぞれが一番伸長される肢位で行うとより効果が期待できますのでホームエクササイズとしても伝えさせて頂きます。

炎症が引き痛みが軽減された後は、下肢のアライメント(バランス)や足部のアーチ等をチェックし痛みの原因と考えられるような状態・姿勢だった場合はエクササイズや足底板・整体等でアプローチし治療する事で再発予防にもなります。

代表例としては膝を曲げた時に内側に曲がる「knee in」(ニーイン)しやすい場合は前方荷重エクササイズや足のアーチが低下している偏平足にはタオルギャザーエクササイズなどを行います。他にも背骨の硬さや側弯症(そくわんしょう)・骨盤、股関節の硬さ・足部の関節の緩さ・バランス感覚の低下等も影響される事が考えられますのでそれらの点も評価させて頂きます。

中・高校生は医療機関等へ受診し競技そのものを中止とされる事や通院を理由にメンバーから外され試合に出場出来なくなる事を恐れ「だましだまし」競技を続けてしまうケースがあり、そのまま放置していると悪化し最終的には「疲労骨折」を起こしてしまい結果的に競技を長期的に中止となってしまう事がありますので早期から治療をお受け頂く事が大切です。ですので当院では、スポーツ活動の継続または中止かは状態にもよりますが、「絶対安静」はあまりせず、治療をお受け頂きながらできる範囲で行っていただける様な治療プランをご提供させて頂きます。もちろん少しでも早く痛み「ゼロ」を目指して治療させて頂きます。

練習前や試合前にはテーピング等で固定・サポートする事も必要ですので巻き方などもお伝え致します。

納品データ(全体)

 

シンスプリント以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

料金について

 

カテゴリー: | Post : 2016.11.21 16:47

2016.11.18

shin splints(シンスプリント)の早期発見にはエコー(超音波観察装置)が必須です

先日、トレーナー活動をしていた中で下腿内側(スネの内側)が痛いと訴える選手がいましたのでその関連でシンスプリントについてご説明させて頂きます。

シンスプリントという言葉を聞いたことがありますか?陸上をはじめ運動部の生徒やスポーツ選手であれば聞いたことがあるという方も多いかと思いますが、脛骨過労性骨膜炎(けいこつかろうせいこつまくえん)ともいいます。

骨膜とはその名の通り骨の表面を覆っている膜の事で、骨折した時に痛みを生じるのはこの膜が損傷する事により痛みが生じるともいわれています。スポーツ活動(特に走る動作)量が増すと脛骨(スネの内側)付近が疲労・過労し、この骨膜に炎症が起きる事をシンスプリント(脛骨過労性骨膜炎)といいます。疲労骨折と同じ意味だと思われる方もいらっしゃいますが、シンスプリントが悪化したりそのまま放置すると疲労骨折へ移行するので疲労骨折の一歩手前の症状の事をいいます。ですのでどちらにしても放置せず、治療が必要となります。

症状としては、スネの内側下1/3部付近(内くるぶしの少し上)の圧痛(押されると痛い)や同部の腫れや熱感・運動後の痛み・ランニング中の痛み等で悪化すると安静時痛(じっとしていても痛む)歩行時痛・日常の生活の中でも痛みを感じる様になり上記でもお伝えしたように疲労骨折を起こす事もあります。

原因は完全には解明されておりませんが、ヒラメ筋や後脛骨筋(こうけいこつきん)・長母趾屈筋(ちょうぼしくっきん)・長趾屈筋(ちょうしくっきん)という筋肉に骨膜が引っ張られ骨膜炎・付着部炎を起こしているという説が有力だとされていますが、筋肉が付着していないであろう部位に痛みが出る場合もありますのでそれだけではないともいわれております。他にもランニングやジャンプ動作によりスネの骨に地面からの衝撃が繰り返し加わる事が原因の一つとして考えられています。

シンスプリントになり易い人の傾向として、足の内側縦アーチが低い人(土無まずが無い人・偏平足)、後足部が過回内または過回外している人・硬い路面をよく走る・陸上部など走る量が多くハードなスポーツを行っている人・片足を前に出し膝を曲げると膝が内側に入りやすい(knee in)・性差は若干女性に多い・成長期で骨の成長が完全でない学生等が考えられます。

画像上で重要な事はレントゲンやMRIで骨折線が確認されれば疲労骨折と診断され直ちにスポーツ活動の中止を指示されますが、シンスプリントの初期の段階ではレントゲン上では骨膜の肥厚や異常が写らない事です。ですので、骨には異常なしと判断されそのままの状態でスポーツを再開してしまうので痛みが引かず難渋する事や長期化することもあります。                                       (ちなみに疲労骨折の場合も痛みが出てすぐにレントゲンを撮っても骨折線は写し出されず2~3週間後に撮影すると骨折線や仮骨が発見されますので注意が必要です)

当院では、初期の段階でも骨膜の肥厚(骨膜が分厚くなる事)や疲労骨折が発見できるようにエコー(超音波観察装置)にてチェックさせて頂きます。  (レントゲンやMRIも大変すばらしいものであり、必要不可欠ですがエコーもより早期に細かな骨や組織の変化を発見できるものです)

x161118-164832_20161118_msk-ussb_0001

 

 

足のスネの周辺が痛むスポーツ選手は当院へお早目に受診下さい。なるべく早期に発見し治療する事で痛みの長期化を防ぎます。

長くなってしまったので治療内容については後日載せさせて頂きます。

シンスプリントの治療についてはこちらをクリック

シンスプリント以外にも肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談ください。

料金について

カテゴリー: | Post : 2016.11.18 16:59

〒438-0838 静岡県磐田市小立野3-1
TEL 0538-33-6677

診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
水曜日・土曜日(午後) 予約診療
定診日 : 日曜・祝日

交通事故後の治療による通院の場合、診療時間外での受付も可能ですのでお時間等、ご相談ください。

診療時間
8:30〜12:30 ×
15:30〜19:30 ×

△ 9:00〜13:00  予約診療

Copyright (c) 2016 ゆうき鍼灸接骨院. All Rights Reserved.