磐田市に地域密着、骨折 脱臼 打撲 捻挫・肩 腰 膝などの痛みに対処する鍼灸接骨院

ゆうき鍼灸接骨院ゆうき鍼灸接骨院

  • 初診の方・施術の流れ
  • 施術の内容
  • 施術料金
  • 交通事故治療
  • 診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
    水曜日・土曜日(午後) 予約診療
    休診日 : 日曜・祝日

2017.02.22

半月板損傷(断裂)について~その2

前回、半月板損傷について載せさせて頂いたので今回はもう少し詳しく書かせて頂きます。(半月板損傷のエコー画像はこちらをクリック)

この患者様は5年前にも半月板を損傷し縫合手術をされておりましたので通常の人よりは損傷のリスクが高かったと思います。ですのでケガをしていない方では何ともないような動作・負荷(車の後部座席のモノを取ろうと後ろを向いた)でも傷めてしまったのだと考えられます。

通常ではその様な動作で膝が大きく腫れるほど半月板が損傷する事は考えにくい(微細損傷はあると思いますが…)ですが、手術をするほどの損傷が以前にあったため半月板の形や動きが多少異なり損傷しやすい状態であったためこのような症状が現れてしまったのだと思います。

エコー(超音波観察装置)では、水平断裂が疑われるような画像が確認できました。

我々、柔道整復師・鍼灸師は医師でないため診断はできませんのでこのような所見がみられ半月板断裂が疑われる場合は医療機関へご紹介させて頂きMRI等を含めご判断して頂きます。

仮に断裂していた場合はそのまま手術せず保存療法で様子を見る場合もありますが、保存療法で何度も水が溜まってしまう・半月板が引っかかって膝が動かない(ロッキング)・大きく損傷・断裂したものについては自然治癒する事は難しく、スポーツ選手や活動期の方の場合は手術しなければ完治は難しいと思います。                                                                  

手術には断裂した部分を縫い合わせる縫合術と半月板そのものを取り除いてしまう切除術(部分切除・全摘出術)があります。そのあたりの選択は損傷場所・度合いやドクターのご判断で違うとは思いますが、なるべくは全摘出せず温存した方がいいといわれておりますが、縫合術の場合は再断裂の可能性が高くリハビリ期間も少し長くかかる等のデメリットも存在します。

今回の患者様は、縫合術を一度お受けになっている事から直ぐに手術という選択肢は考えられていらっしゃらなかった様子でしたのでこちらで治療させて頂きました。                                                                 腫れが出ている時点で固定や松葉杖歩行の必要性をお伝えしましたが、仕事の都合もあり希望はされませんでした。

初期治療はアイシングや超音波治療器にて炎症を抑え、その後患部にレーザー治療等で組織の治癒促進を図り(半月板の外側1/3部分は血液供給がありますが内側は血液供給が無いため自然治癒は期待できません)ながら関節の拘縮が起きないよう少しずつ可動域訓練を開始していきます。

患部以外では予防も含め、膝への負担を軽減させるため股関節や足関節の可動性や柔軟性を高める等も重要となります。

ちなみに初期の疼痛・痛みを抑えるためには鍼(はり)治療も効果的です。

 

一言で半月板損傷といっても手術が必要なケースから保存療法で改善するケースもありますのでその様な症状・痛みでお困りの方は当院にご相談下さい。

 

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について          

 

 

カテゴリー: | Post : 2017.02.22 17:45

2017.02.22

半月板損傷(断裂)meniscus inj (rupture)について

しばらく忙しかったのもあり中々、ブログを書けませんでした。

その間にも様々な痛みでお悩みの患者様がいらっしゃいましたのでまた少しずつご紹介させて頂きたいと思います。

今回は、膝の痛みを訴えてご来院された方で原因は車内で後部座席のモノを取ろうと身体を強く捻った際に膝に「ズキンッ」と痛みが走り、その後痛みが増し歩く時も引きずってしまい関節部分に腫れが出現し仕事に支障が生じたため受診されたとの事でした。

左足が腫れていました。周径上2~3㎝は違いがありました。

(既往歴としては、5年前に半月板が断裂し手術にて縫合されたとの事)

今回の所見としては歩行時痛が強く跛行がみられ、可動域は-15°~90°とかなり制限がありましたが、ロッキング(嵌頓症状)はありませんでした。関節全体に腫れがありPB(膝蓋跳動)(++)、皮下出血(-)  Lachman(±) ADS(-) McMurray不可 Valgus(外反)・Varus(内反)ストレス(-) MJS(内側関節裂隙)部に圧痛を認める。

上記の症状から考えられる疾患は、まず腫れがかなり出現している点でACL(前十字靭帯)等の靭帯損傷・膝蓋骨や脛骨の骨折・半月板損傷・蜂窩織炎・偽通風等が思い浮かびますが、今回はスポーツ等で走っていた・ジャンプ動作や高所より転落・膝を強くぶつけた等の大きな外傷がない事から骨折やACL損傷は考えにくく、しかし関節に負荷が加わる「捻れ」動作で傷めたという明らかな外傷があったため蜂窩織炎や偽通風も除外されました。

この動作から考えられるケガは「半月板損傷」「内側側副靭帯損傷(MCL損傷)」でしたが各徒手検査からはMCL損傷よりも半月板損傷がより疑われました。何より既往歴に半月板の手術をされているという事が一番のヒントとなります。

 

その後、エコー(超音波観察装置)でチェックしたところ内側半月板(MM)の水平断裂とも思えるような状態が確認でき、関節の腫れも水腫(いわゆる膝の「お水」)ではなく高エコー像の血腫が画像上では確認できました。

治療方法等はまた次回載せさせて頂きます

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

カテゴリー: | Post : 2017.02.22 11:52

2017.02.07

身体の姿勢、歪み(ゆがみ)を数値化しそれを基に整体・トレーニングしてみませんか?

当院では身体の姿勢・歪み(ゆがみ)・バランス等を評価する際、なるべく患者様にもご自身の身体の状態をご理解して頂ける様、

簡易姿勢評価システム『ゆがみ~る』を導入致しました。(歪みをみるから、「ゆがみーる」という分かりやすいネーミング。私が付けたものではありませんよ…)

このソフトのすごいところは、姿勢解析しスコア(総合点)が表示されるだけでなく、身体のどの部分の筋肉が弱っているのか・硬くなっているのか等が分かる他、今後どのような症状が現れるか予想までしてくれます。

昔から姿勢が気になっている・産後の骨盤矯正をしたい・骨盤や肩の高さが左右違い気になっている・慢性的な肩こりや腰痛があり根本的な治療がしたい等でお悩みの方はお受け頂く事をおすすめ致します。

 

また、弱くなっている・硬くなっている筋肉を特定してくれるのでそれを参考にしながらトレーニングをすることでより効率よく身体造りができるためスポーツ選手のパフォーマンス向上にも役立つのではないかと思います。

 

気になる方は当院までご連絡下さい。

ちなみに写真の患者様は88点と高得点でしたが、主訴と一致している結果でした。

 

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: | Post : 2017.02.07 17:55

2017.02.04

橈骨下端骨折(radial end fracture)のエコー画像

以前、ご紹介させて頂いた患者様(詳しくはこちらをクリック)の手首を骨折された時のエコー画像です。健側(痛くない方の手)と比較しても一目瞭然。

エコー(超音波観察装置)でも骨折の有無がこれだけわかるんです。

 

次回は治療編です。

 

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

カテゴリー: | Post : 2017.02.04 12:25

2017.02.03

磐南野球部トレーナー活動報告

今週も磐田南高校へ行ってきました。

今回は全部で9人の選手のケアにあたらせて頂きました。ここ最近は冬季練習の追い込みの時期らしく、筋トレによる前腕の張り感や持久走練での腰痛・足の痛み等、様々な症状を訴える選手が多くみられました。

毎回、終了後その日の選手の状態を戸塚監督と赤堀コーチに報告しますが今週は疲労が溜まっているような選手が多く今後、症状が悪化しかねない選手もいたり練習の中で気を付けたい動作などは個々に違いますのでそのあたりをお伝えし、練習メニューを組んで下さるそうです。

本来であればどんどん追い込んで個々の力を上げたい時期だと思いますが、追い込みすぎてケガをしてしまっては元も子もありませんのでケガをしない程度に追い込んでいくという絶妙なバランスが必要となりますので、私も一人ひとりをしっかりとチェックしケガを予防し、傷めてしまった場合はより早期に回復できるように全力でサポートさせて頂きます。

それにしても私のその様な意見に耳を傾けて下さる監督・コーチそして選手達と同じ目標に向かって時間を共にできる事を嬉しく思います。

 

甲子園行ってほしいなぁぁぁぁぁ~

今回は終わる時間も遅くなってしまいましたが予定していた選手をほぼ全員診れて一安心。

来週も頑張ります。

img_2140

 

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

 

カテゴリー: | Post : 2017.02.03 18:05

〒438-0838 静岡県磐田市小立野3-1
TEL 0538-33-6677

診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
水曜日・土曜日(午後) 予約診療
定診日 : 日曜・祝日

交通事故後の治療による通院の場合、診療時間外での受付も可能ですのでお時間等、ご相談ください。

診療時間
8:30〜12:30 ×
15:30〜19:30 ×

△ 9:00〜13:00  予約診療

Copyright (c) 2016 ゆうき鍼灸接骨院. All Rights Reserved.