磐田市に地域密着、骨折 脱臼 打撲 捻挫・肩 腰 膝などの痛みに対処する鍼灸接骨院

ゆうき鍼灸接骨院ゆうき鍼灸接骨院

  • 初診の方・施術の流れ
  • 施術の内容
  • 施術料金
  • 交通事故治療
  • 診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
    水曜日・土曜日(午後) 予約診療
    休診日 : 日曜・祝日

2017.03.15

交通事故による右第5趾末節骨骨折について

今回は、交通事故により右第5趾末節骨(足の小指の先)を骨折された患者様がいらしたので今回は趾骨(足の指)骨折についてご紹介させて頂きます。

趾骨骨折は、足先で硬い物を蹴ったり、重い物を足元に落とす等した際に骨折してしまう事が多く、中でもナイト・ウォーカー骨折といい夜中にトイレに起きた際、素足で歩き段差や壁・柱に足先をぶつけ骨折してしまう方が多くいらっしゃいます。(骨折までいかなくとも皆さん一度は経験された事があると思います)

傷めてしまった際に明らかに指がよからぬ方向に曲がっていたり痛みが強ければすぐに受診されると思いますが、人により痛みの感じ方は異なりますので我慢強い方は多少腫れているくらいなら単なる突き指だと思いそのままにしてしまう方もいらっしゃるかと思いますが、実は骨折している可能性が高いのです。

趾骨骨折は大きな転位(骨のズレ)があれば整復(骨を元の位置に戻す操作)が必要ですが、転位がなければそのまま数週間固定すれば腫れも痛みも治まります。この際に重要な事は、しっかりと固定をするという事です。

上記の様に骨折等のケガをしているのに我慢できる痛みだからと軽視してそのまま放置してしまうと1~2週間経っても腫れや痛みが引かないばかりか痛みが長期化してしまい、趾が曲がらない・歩くときに痛む等の後遺症を残す事も少なくありません。

手も足も指(趾)先というのは末端のため他の部位に比べ、炎症性の浮腫の逃げ場がなく腫れが引きにくい場所ですので固定をしていてもなかなか腫れが引きません。ですから固定をしなければ常に指先が動いてしまうため余計に良くないのです。

固定の方法は様々ですが隣接趾を添え木代わりにしてテーピングで固定するbuddy tapingは最も簡易的です。(骨折の程度によりアルフェンスやプライトン固定などをしていただく場合もありますが…)

皆さんもただの突き指だと自己判断せず腫れや皮下出血(内出血)がみられたら当院へ受診下さい。

当院ではエコー(超音波観察装置)を使用する事でケガの状態を視覚的にもチェックさせて頂きます。

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

カテゴリー: | Post : 2017.03.15 17:26

2017.03.14

鎖骨骨折について

先日、当院に交通事故で鎖骨を骨折したので治療を受けたいとのお電話が入り、その後来院された患者様がいらっしゃったのでご紹介させて頂きます。

その患者様は、鎖骨以外にもケガ(骨折や挫傷・擦過傷)をされたほどの大けがでしたが不幸中の幸いなのか手術や入院するほどではなく通院できたため当院を選んで来院下さいました。(当院は骨折等の外傷も得意としております)                                            鎖骨を骨折してから約5週目でしたがまだレントゲン上でも骨はくっ付いていないとドクターに説明を受けたとの事でした。

鎖骨骨折の特徴は、骨の付き(癒合)は良い方ですが(外端部・内側端は除く)、骨折しやすく四肢(手足)と比べると固定が難しいという事です。鎖骨は呼吸するだけでもわずかですが動きますし、腕を挙げていくと一定の角度からは鎖骨も動くので鎖骨部分にギプスやシーネ等当てて固定するという事がしづらく、保存療法(手術せずに治す)での固定方法はクラビクルバンドや8の字バンド・リングバンド等と呼ばれるモノを両肩に通し、胸を張るような姿勢でいる事が一般的です。胸郭(胸)を拡げる姿勢をとる事で、鎖骨の骨折部分のズレが戻りますが固定を外せばすぐにズレてしまうため常に固定は外さず、お風呂も固定したまま濡れずに入る様、指導するドクターもいらっしゃいます。(骨折部分が安定型だったり場合によっては制限付きではありますが外していいというケースもあります)それと、上記でもお伝えした様に腕を挙げていくと鎖骨も動くため骨折がある程度安定するまでは肩も動かしてはいけません。そのため肩関節の拘縮を起こしてしまう場合も少なくありません。

5週経過しても骨折部はエコー上でもはっきりと確認できました。

この患者様の場合は、現在固定は外れて幸いにも肩の強い拘縮も起きておらず、骨折部の圧痛も強いため積極的なリハビリは行わず、自制内での関節可動域訓練を行っております。

骨折部に圧痛(押した痛み)があるうちは骨のくっ付きも悪く安定していない状態も考えられますので、症状・経過をみながら徐々に運動を始めていきたいと思います。

交通事故後の骨折も当院にて治療する事ができます。詳細はお電話にてお問い合わせください。

 

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

 

 

 

 

 

カテゴリー: | Post : 2017.03.14 11:25

2017.03.10

肘の内側側副靭帯損傷(MCL injury)について

先日、中学生がバレーボール中に肘を傷めたとの事で来院されました。

受傷機転は、ボールをレシーブしようと前へ飛び込んだ際、床に手が着き肘が「くの字」に曲がり、その後も練習を続けようとしたそうですが痛みが強く中止したとの事でした。受傷直後から腫れがみられたためアイシングをし少し腫れは治まったが痛みが治まらないので心配になり当院を受診下さいました。                                                                         (上記の受傷機転からは、肘付近の骨折(剥離骨折)・脱臼・靭帯損傷が考えられます)

内側に若干の腫れがありましたが強い腫れ・内出血(皮下出血)・変形は見られなかったため大きな骨折や脱臼は大丈夫そうでした。そうなれば可能性として考えられるケガは剥離骨折か靭帯損傷です。                                                  症状・所見としては、肘のROM(可動範囲)制限はそこまでみられないもののある一定の角度を通る際、肘の内側に激痛が走るとの事でしたので内側周辺を細かくみていくと、骨上に圧痛はなく靭帯(MCL)部分を押すと明らかに痛みが誘発されました。

靭帯損傷の場合、どの程度損傷しているかを判断する際にその靭帯にストレスを加えることである程度の損傷度合いが分かります。                               そもそも靭帯は骨と骨とを繫ぎとめておくベルトの役割をするため完全断裂の場合は、関節の安定性が損なわれストレスを加えると関節が「グラグラ」と不安定になります。                                                                        この患者様は、強くは感じませんでしたが若干の不安定性を認め外反ストレステスト(valgus)も0°・30°と共に陽性だったためより靭帯損傷が疑われました。

その後、エコー(超音波観察装置)で確認してみると、骨の異常は見当たらず、MCL(内側側副靭帯靭帯)付近の画像に健側とは違い、線維の乱れや炎症所見がみられたため靭帯損傷と判断し上腕~手関節手前までギプスシーネ固定をさせて頂きました。

固定をすれば痛みも落ち着きますが、剥離骨折も完全に否定できる所見ではなかったので、念のために近隣の医療機関をご紹介させて頂きました。

医療機関ではMRIも撮ってくださり、結果は「内側側副靭帯損傷 Ⅰ度」と診断され3週間固定のご指示を頂きました。

この様なケガで来院される患者様の場合、固定なんて大げさだと感じ固定を希望されない方もいらっしゃいます。患者様のニーズに合わせる事も大事ですが重要なのはケガを治す事だと思いますので固定が必要だと判断した場合はこちらに従って頂きます。(当然ですが固定をしなくて済むのであればしない方がいいのですが、固定をしないと治らないケースもありますので)                                                   固定が必要かどうかの判断は臨床所見や徒手検査で判断しますが、エコーを使用し画像評価することでより詳細に評価する事ができますし患者様にも視覚的な評価をする事でより安心して頂けると思います。

 

下記のエコー画像は正常例です

 

 

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

カテゴリー: | Post : 2017.03.10 15:39

2017.02.28

肘内障について~ その2

先日、載せました「肘内障について」(詳しくはこちらをクリック)もう少し詳しくお伝えしていきます。

肘内障は一般的に、生後6カ月~5歳(特に2~4歳に多い)にみられる肘の亜脱臼(俗にいう肘が抜ける事)で年齢と受傷機転・痛がり方・症状(腕を挙げられない・バンザイやバイバイができない)である程度予測がつきます。

6歳を過ぎると肘内障になる子が減る理由は肘の抜ける原因となる骨や靭帯(スジ)が発達し、強靭になるため外れにくくなります。ですから仮に何回も外れてしまう子も成長と共に徐々に外れにくくなっていきますのでご安心ください。

大人も子供も全ての人に言える事ですが、性格が違うように骨格も人それぞれなため一回も外れない子もいればちょっとした事で何度も外れてしまうお子さんもいらっしゃいますので、極力、手を強く引っ張らない等の注意が必要です。

もし外れてしまった場合は、整復といって外れてしまった骨を元の位置に戻す治療をします。この整復自体はそんなに難しい行為ではない為、慣れてくると軽くみてしまう方もいらっしゃいますが実はそうではありません。(その理由はいくつかあります…)                                              なぜなら患者様本人が幼いためどうしてこうなったか等の本人からの情報は基本的に得られず、意思疎通ができずそればかりか痛みやこれから何をされるか分からないという不安もあり治療に対して非協力的だからです。                                              (それでも近くでご両親等が見ていれば、どのような動作をして痛がった等が分かりますが…)

上記でも言いましたが、肘内障になってしまう最大の理由は手を繫いでいる時やダダをこねている際に無理矢理引っ張って連れて帰る等の「引っ張る」という行為で起こる事が多いので、その場合は必ず引っ張った相手(ご両親・ご家族・お友達等)が存在しますので引っ張られたかどうかは相手に聞けば分かります。しかし、「引っ張られた」ではなく高所から落ちて手をついた・転倒して手をついた等でも肘内障になってしまう場合もあります。

ここが軽視してはいけない点で、それは何故かというと他のケガを起こしている(主に「骨折」です)場合がある事です。

小児の場合、必ずではありませんが鎖骨や手首の骨折をしていても「肘が痛い」と肘の辺りをかばって来院するケースもあります(他にも股関節の疾患があるのに膝が痛い等と言う場合もあります)ので、肘だけでなく鎖骨~肩~手首付近の腫れや変形・内出血等がないかも必ずチェックする事とが大切です。

当院では、その様なところも含め、症状を細かく確認しその後、整復をさせて頂きます。

整復と言っても数回手首を動かす程度で「コクンッ」と整復音を感じ骨が元の位置に戻りますが、中にはこの整復音がしない場合や中々入らない等難治例もあります。この場合、その場で何度も繰り返し整復操作をすることはせず、2~3回行ったらそれ以上はやらず様子をみます。「コクンッ」という音がしなくとも整復されてる場合もありますし、繰り返し行う事で患部の炎症が強くなってしまう事や、患者さんの恐怖心をより強めてしまうと治っていても腕を使いたがらなくなってしまう事もあり、より正確な判断ができなくなってしまうからです。                         (あくまでも難治例の話で、大体の方は「コクンッ」と入ればその瞬間から腕を動かすようになりバンザイ・バイバイもできるようになります←これが治った証拠です)

肘内障は5歳までのお子さんに多いため情報が得られにくく治療に対して非協力的になってしまうことが多く、このくらいの年齢の子は同じ年齢でもしっかりお話ができる子もいれば、何を聞いても「うんうん」と答えがバラバラになってしまったりと一概ではないという事も難しい理由の一つだと思います。

以上のことから肘内障がいかに難しいかがお分かりになったかと思います。

肘内障の場合、固定は基本的に必要ありませんが患部の安静や不安感を無くすために数日程度、弾性包帯で患部を巻く場合もあります

よく患者さん(ご両親等)からレントゲンは必要かと聞かれますが、基本的に肘内障はレントゲンを撮っても分かりません。仮にレントゲンを撮ったとしたらそれは上記でもお伝えした「骨折」していないかを確認するためだと思いますし、視診・触診にて骨折が疑われなく肘内障とご判断された場合はレントゲンは撮らないというドクターもいらっしゃいます。(小さなお子様ですので不必要にレントゲンを撮る事はせず必要な際に撮られると思います) 当院ではレントゲンは撮れない為、エコー(超音波観察装置)にて確認することが可能ですので、ケガをした時の状態や痛む部位等を含め骨折が疑われる場合は医療機関をご紹介させて頂く場合もありますので安心して受診下さい。

ちなみに肘内障は動かしているうちに自然に整復される事もありますのでなかなか入らないからといって乱暴な整復はせず数回行って入ったかが分からなければ1日様子を見る事も大切だと思います。

もちろん放っておけばいい訳ではないので外れてしまった場合は少しでも早く戻してあげる事が最善です。

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について

カテゴリー: | Post : 2017.02.28 10:58

2017.02.24

小児の肘が抜ける・ハズれた(肘内障)~について

ここ最近でお二人の小さなお子さんが来院されました。

2~5歳前後で当院へ受診される原因のほとんどが「肘が抜ける」「肘が外れる」事です。正式には『肘内障』といいます。                  前腕の橈骨という骨の肘の付近の部位を橈骨頭といいますが、そこに輪状靭帯というリング状の靭帯が覆うように付着しており、成長と共に骨が大きくなれば問題ないのですが小児の場合、この骨が小さいため手を引っ張ったり寝返りをうつ際に「スルッ」と抜けてしまいます。(正確には脱臼ではなく亜脱臼といい半分抜けているような状態です)

これにより突然泣き始めて腕を動かさなくなり患肢はだらんと垂れ下がり反対の手で支えたり、バンザイなどをしなくなります。原因は上記でもお伝えした通りで手を引っ張った時に抜けてしまう事が多いのです。                                                  よくありがちなパターンは「手を繫いでいる際に強く引っ張ってしまった」「スーパー等で買い物中にダダをこねて寝そべってしまい無理やり引っ張ってしまった」等です。しかしそんな事日常茶飯事にしているが大丈夫という方もいらっしゃると思いますが、一人ひとり性格が違うのと同様、骨格も人それぞれであるため「抜けやすい子」が存在します。また普段は大丈夫だが、ある角度・引く強さ等一定の条件が揃えば外れてしまう可能性も十分にありますのでお気を付け下さい。(とはいってもなかなか気にしてられない時もあると思いますが…)

以上の事から、2~5歳前後のお子さんが急に腕を挙げたがらない・バンザイできない場合は、まずこの肘内障を思い出して下さい。

抜けてしまった場合は、整復といって肘を「はめる」治療をしなければなりません。(基本的には手首を数回動かす程度で治ります…難治例もあり、中々入らない子や入ったか分かり辛い場合や肘内障ではなく別のケガという場合もありますので簡単ではなくしっかりと診させて頂く事が大切です)←そのあたりは次回詳しくご説明させて頂きます。

外れているときは腕を挙げたがりませんが、入った途端「バンザイ」や「バイバイ」ができるようになります。

当院では、その様な患者様が来院されてもすぐに肘内障と決めつけるのではなく、しっかりと親御さんのお話等を伺いエコー(超音波観察装置)で確認させて頂き、その後で整復させて頂きます。

肩こり・慢性腰痛・膝の痛み・スポーツ障害・ケガ・交通事故後の痛み・むち打ち損傷・各関節の拘縮(骨折後)等 身体の痛み・悩みがあれば当院へお気軽にご相談下さい。 初診(初めて)の方はお電話にてご連絡下さい。

料金について            

 

 

カテゴリー: | Post : 2017.02.24 17:33

〒438-0838 静岡県磐田市小立野3-1
TEL 0538-33-6677

診療時間 : 8:30~12:30/15:30~19:30
水曜日・土曜日(午後) 予約診療
定診日 : 日曜・祝日

交通事故後の治療による通院の場合、診療時間外での受付も可能ですのでお時間等、ご相談ください。

診療時間
8:30〜12:30 ×
15:30〜19:30 ×

△ 9:00〜13:00  予約診療

Copyright (c) 2016 ゆうき鍼灸接骨院. All Rights Reserved.